検索
  • 所長

News Letter 12月号

最終更新: 1月9日


「なぜ弁護士ばかりがドラマになる?」

 相変わらず弁護士もののTVドラマが多いですね。現在では木曜日放送の「リーガルV」(米倉涼子主演)が面白くかかさず見ています。

 それにしても弁護士や検事、あるいは医者が登場するドラマは山ほどありますが、税理士が主役のドラマはないですよね。 

 と思ったら、水曜ドラマ「獣になれない私たち」は新垣結衣と松田龍平が主役で、松田さんはなんと公認会計士・税理士役なのですね(^_^) 

 やれ嬉しやと思ったのですが、この税理士はかなりダーティーで、金を積まれたらどんな汚れた仕事でもやるという設定にはがっかりしました。かっこいい正義の味方として税理士が登場する脚本ができないものですかね? 

森 利彦

年末調整の時期が近づいてきました。

年末調整でよくあるのが、配偶者の給与が年間103万円を超えると扶養から外れるから何も控除が受けられなくなるという勘違いです。

配偶者の給与が年間103万円を超えても201万6千円未満であれば配偶者特別控除を受けることができます。

万が一、会社に申告し忘れた場合でも、確定申告期限から5年以内であれば、確定申告をすることで納め過ぎた税金を還付してもらうことが出来ます。

三輪 和正


0回の閲覧

054-353-3746

Tel