検索
  • 所長

Nwes Letter 2月号

「年賀状」

年賀状が好きだ。何歳から始めたのか定かではないが、子供ができてから拍車がかかったように思う.家族4人を干支の動物のマンガになぞらえて近況を語るというのが定番だった。家族写真を載せたことも良くあった。

二十数年に及ぶ我が家の年賀状を保存しておけば貴重な平成史となっただろうに、何も保存していないのは残念だ。

貰って嬉しいのは本人や家族の写真。文字だけでは伝わってこないその人の現状が感じられる。

子供が社会人となってからは妻と2人の年賀状になったが写真の方が良いだろうとの思いから2人で出かけた際のスナップ写真を大きく載せている。

今年になって今までにない変化が2つあった。ひとつは宛先不明で戻ってくる賀状が増えたこと。(今頃になって引っ越しかと首をひねるしかない)

もうひとつは「賀状は止めにしました。」という連絡が増えたこと。

寂しいことですね。さて来年はどうしましょうか?     所長 森 利彦  


「携帯料金の適正価格とは②」

先月号に載せましたNTTドコモの新料金プラン(20G・5分間通話無料・2,980円)に対し、ソフトバンクは全く同じプランを打ち出し、AUは500円安いプラン(20G・通話無料無し・2,480円)を出しました。ただこのAUプランには5分間通話無料が付いておらず、ドコモやソフトバンクと同じように5分間通話無料の設定にすると2,980円となり、全社横並びの状態となります。(ちなみにこのAUプランは総務省から分かりにくいとお叱りを受けました。)

一昨年楽天が携帯業界の第4キャリアになるべく「日本の携帯は高すぎる!私たちは2,980円だ!」と高々と声を上げ新規参入に乗り出しましたが、自前の電波塔の建設が遅れるなど、あれこれ開通に手間取っている間に高かったはずの3キャリアが同水準まで価格を下げてきたので、何ともいたたまれないです。それでも楽天は新規契約から一年間使用料が0円の特典を行っているので、今後顧客数が綺麗に4等分になるのか気になるところです。






0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示