2016年8月事務所レター

October 3, 2016

「フィンテックサービスへの期待」

 

我々から見ると、フィンテックサービスは大きく2つに分かれます。 

ひとつは関与先が経理システムを自動化することによって、経理業務を省力化することです。(すでにTKCシステムは対応しています。)

もうひとつは、金融機関が関与先と契約を結ぶことによって、試算表や決算書をオンラインで随時提供するサービスです。

このサービスを利用することによって関与先と金融機関、そして我々会計事務所の三者のコミュニケーションが向上することを期待しています。 

森 利彦 

 

クラウドサービスの普及がどんどん進んでいます。

TKCでも今後、領収書をスマホで撮影してクラウドに保存、自動で仕訳が出来るサービスを提供する予定があるとのことです。

便利なのは良いことですが、法令に遵守した書類の保存、帳簿の作成がなされていなければ、後で思わぬ損害を被ってしまいますので、専門的な立場から、正しく導入・指導することが必要だと思っています。 

三輪 和正 

Please reload

お知らせ

取引データの自動受信で、毎月の経理事務を省力化

経理担当者は、複数の金融機関(銀行や信販会社)から、インターネットを利用して取引データを自動受信できます。
さらに、その取引データをもとに仕訳ルールの学習機能を利用して仕訳を“かんたん”に計上できます。
TKCのFinTechサービスで、毎日の経理事務を...

FinTeckサービス始まる

June 9, 2016

1/1
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

054-353-3746

Tel